ミャンマー国営放送で放映されました!

先日、東京ビッグサイトで行われた「ツーリズムEXPOジャパン」にミャンマー観光大臣オウン・マウン閣下がお越しになりました。

その際に、今年1月のミャンマー桜祭りに高岡とご一緒させていただいた歌手のこおり健太さんが、ミャンマー親善大使を任命され、その式典が行われました。その様子を含めて、ミャンマーの国営放送で流れたニュースです。
ミャンマー国営テレビでのJATAニュースで報道されました。
https://www.facebook.com/mrtvwebmediaportal/videos/1590042807708206/

※ミャンマー語です。facebookのページが開きます。

観光親善大使の任命式に、弊社社長高岡も出席させていただきました。ちらっとだけ登場します。

ミャンマーには今後も、桜祭りなど陽光桜を通じて平和への願いを届けていきたいと思います。

ミャンマー観光大臣にお会いしてまいりました。

先日、東京ビッグサイトで行われた「ツーリズムEXPOジャパン」。日本陽光桜交流協会の副理事長を務める歌手のこおり健太さんが、ミャンマー観光大臣より「ミャンマー観光親善大使」の任命を受けました。

高岡も式典に駆け付け、盛大に行われました。この様子は後日、ミャンマーの国営放送でも放映されました。

ミャンマーには、毎年「桜祭り」の時期に陽光桜を植樹されてまいります。今年の桜祭りにはこおり健太さんもご出席されていました。

これからも陽光桜を、ミャンマーをはじめ世界へ、お届けしたいですね。

夏の大感謝祭、万歩計プレゼントの抽選を行いました!

お待たせしました!夏の大感謝祭万歩計プレゼントの抽選です。

ドルドルドルドルドル~(ドラムマーチのつもり)

ジャジャン!

tyuusen20170919-2

厳正なる抽選の結果?くじ引きスタイルですが・・・

tyuusen20170919-1

5名様が当選いたしました!おめでとうございます!

なんと、そのうちのおひとりは、前回の血圧計プレゼントにも当選されていた強者です。運が強い~うらやましいです。宝くじを買ったら、当たるかも?

プレゼント品は本日宅配便で発送致します。当選者のお名前は公表致しません。お手元に注文もしていないのに、遠赤青汁から届くものがあればそれが「万歩計プレゼント」かも?いや、確かにプレゼント品なのですが、送り状には表記しています。受け取り拒否はしないでくださいね(・´з`・)

次回も、プレゼントをご用意したいなと思っておりますが、皆様のお声が聞けないとなかなか提案が出来ません。何卒、ご支援お願いします<(_ _)>

こちらまで→ aojiru@enseki.com ※注:私を当選させてくださいというのは無しです。

桜の接ぎ木を学んでいます

ミャンマーからの研修生、モンさんが桜の「接ぎ木」を行っていると聞いて、取材に行ってきました。

IMG_5136

太陽光発電の下で、桜の苗木を育てています。

IMG_5129

モンさんを探すと、苗木の足元の枝を切っていました。なかなか、難儀そうな体勢です。

IMG_5124

「どんなことをしてるのかな?」と聞くと、社長が接ぎ木のために穂木(ほぎ)を作ってくれて、それを差し込むからテープで止めていると説明してくれました。

IMG_5122

「穂木って?」と聞くと、「陽光桜の枝から作ります。こっちとこっちを切って、ここを合わせて木の間に入れていきます」実際にはもう少したどたどしい言葉にはなりますが、概ね合ってます。ちゃんと理解してくれていて、嬉しかったです。

IMG_5133

養生用のテープで留めていきます。

IMG_5144社長の横で、作業を手伝っています。
IMG_5151

「もうちょっと笑顔のところを写真撮ってあげて」と社長からのリクエストもあり、思いっきりポーズを取ってもらいました(笑)※本来は、うつむいての作業なので彼女も真剣に行っていて、笑顔ではありません。

IMG_5137

また、下枝を打つ作業に戻っていきました。ここだけで400本くらい植えられていますので、すべての桜に接ぎ木をするのですから大変です。他の畑も周り、約1000本を接ぎ木していきます。

「接ぎ木」の技術は先日、ミャンマーでも高岡が指導してまいりました。ミャンマーには来年の1月にも1000本の桜が植えられていきます。陽光桜を育てて送らなければいけませんから、苗を接ぎ木で増やしていきます。こうした技術を学んでおけば、帰国してからも指導者としても頑張れます。

今は学びの時なのです。頑張っていきましょう!

有機遠赤ケールが機能性表示食品として申請が受理されました。

昨年、遠赤青汁V1が機能性表示食品として申請が受理されたのを受けて、粉末の有機遠赤青汁ケールも「機能性表示食品」を申請してまいりました。

既に受理されていても、その後の指導もあり、書類としては追加提出を求められ、ずっと付きっ切りだった担当。提出内容によっては、受理を取り下げられることもあります。「機能性表示食品」はその品質維持が大変です。

有機遠赤ケールは、愛媛県産の有機栽培されたケール100%の粉末商品です。同じケール100%の粒、遠赤青汁V1が通ったからと言って簡単ではありませんでした。

2015年に始まった機能性表示食品ですが、2016年、今年2017年と年を追うごとに書類も複雑になってまいります。表示項目も増え、その点の検証も増えていきます。

すでに申請が受理されている青汁の多くは、「難消化性デキストリン(食物繊維)」を含む加工食品が占めています。難消化性デキストリンは食物繊維不足を補うためにジャガイモやトウモロコシから作られており、青汁の素材にプラスされたものです。ケール100%の青汁とは違います。

弊社の有機遠赤ケールは、GABA(γ-アミノ酪酸)が含まれています。GABA(γ-アミノ酪酸)には高めの血圧を下げる機能があることが報告されています。

消費者庁のホームページより「機能性表示食品」の届出はご確認いただけます。

①トップページより「機能性表示食品に関する情報」をクリック。

kinousei-kale02

②機能性表示食品の検索(平成29年9月5日更新)をクリック。

kinousei-kale03

③届出者名のところに、遠赤青汁と入力して検索

shouhi-2-1

④前回申請が受理された「遠赤青汁V1」に続き、今回の「有機遠赤ケール」が表示されます。右の詳細をクリック。

kinousei-kale01

⑤有機遠赤ケールについての届出内容がご確認いただけます。kinousei-kale04

 

今後も、当社商品についての機能性表示食品への申請を継続し、皆様により安心してお召し上がりいただける品質、安全を目指します。よろしくお願いします。