梅雨をさっぱりスッキリ乗り切る強い味方

台風は去りましたが、梅雨です(@_@;)

 

明日はまた雨になる予報。農場は雨が降る前にと、作業も急ピッチで行われています。いそげいそげです。

 

そんな頃、うれしいニュースが\(◎o◎)/!

 

むふっ(^.^)新しいアイテムが登場しました。

 

じゃじゃーん!洗濯機~っ(ドラえもん風)

今までは2層式を使っていたのですが、ついつい水を出しっぱなしにしちゃうんですよね。それでは不経済。また、その二層式もかなりの年代物になってきたので、エコも考えて新しい洗濯機を買ってもらいました。

うっうっ(/_;)感激です。これで水が止まる。

仕事の間に、タオルとか洗うんですが、どうしても脱水の時に水を出しっぱなしにしちゃうんです(-_-;)すみません。

 

 大容量5.5kg洗えます。いいねえ~。

 

今まで使っていた二層式洗濯機も、まだ使います。農場で作業着を洗う用として、連れられていきました(ToT)/~~~ありがとう!

 

動かしてみても静か(←ややミーハー) 軽く乾燥機能もついてたりして・・・もう新しい洗濯機に夢中です(@_@;)←女性軍♪

 

タオルは、石鹸の実演販売でもたくさん使いますから、いつもきれいにすぐ洗えてないと!土日が終わると、ものすごい量が戻ってきます(^◇^)

 

これから大活躍してもらって、梅雨もさっぱりスッキリ乗り切りましょう。 

 

社長~っ、ありがとう(^◇^)/ love♪

 

 

 

台風も去り、田んぼも一安心

会社の周辺は、田んぼだらけ。駐車場の横にも、裏にも田圃は広がっています。

台風も昨日には去り、あれだけ降ったのになあと思うくらい、今日は晴れやかな朝を迎えました。

 

まさに

 

台風一過。(^^)/

 

お昼に歩いて自宅まで帰るのですが、道のわきにも田圃。あ、ゴミが落ちてますね。風は強かったからな~(@_@;)

新緑が美しい季節です。

 

明後日にはまた雨らしい。農場も晴れ間に一気にやらねばいけないことばかり。大忙しです。

雑誌に掲載されました。 ~CIO magazine~

CIO magazineという雑誌の取材を受けたのは4月末のことでした。 本日、その6月号が会社に届いたんです(@_@;)

 

CIOとは一体何か?

CIO (chief information officer)シーアイオー / チーフ・インフォメーション・オフィサー / 最高情報責任者 / IT担当役員

要は情報の責任者ということですね。弊社では、インターネットからパソコンのネットワーク、電話、ファックス、コピー機、プリンターに至るまで担当する仕事。なんでも屋さん的な役割がほとんどです。

 

今回、なぜか取材申し込みを受けまして、そのインタビューが掲載されたのが今回の6月号でした。

「巻頭カラー」

ただ、その一言に惹かれただけですね(笑)

 

表紙にも目次にも私の名前が(@_@;) こ、これは・・・すごい話になってきました。

ど、どーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!ふとっ(>_<)

なぜか、等身大の私。見開きの右側全部が写真という、いわゆるこれが巻頭カラーです。さすがにプロカメラマンが撮ってくれただけあって、シワもきれいに飛んでます♪

手には、遠赤青汁V1のボトル。やっぱり~これは外せないですよね。

ちなみに、この背景は会社の駐車場横。草をかき分けて立ってる訳です。もう少し目線が上がると田んぼの畦という場所。野っぱらと私。合いますね~(笑)

インタビュー形式で、話しながら写真も撮られていきました。あんまり話が長いので、文章がびっちり(>_<)これが、後のページに響いて・・・

合計6ページが私のために割かれた訳ですが、この最後の見開きにも通常ならば1枚写真が入る予定でした。しかし・・・しゃべりすぎなんですよね(笑)写真は見事にカットされました(^◇^)

本日、印刷されて本になった雑誌が届いたのですが、ちょっとした感動でした。今までにも連載はしたし、写真が載ることもありましたが、特集っぽい記事は初めてでした。会社のこと、社長のこと、仕事のこと、自分の想い。たくさんお話させていただき、いい記録になります。また、何年か経ったらこのときの私より成長しておきたいですね。

 

ありがとうございました。

山菜が近づいてくる?田舎らしさとは(-_-;)

「たまがす」ってご存知ですか?

うちの母が良く使う言葉なんですが、どうもあく抜きすることをたまがすというらしい(-_-;)

 

これ、蕨(わらび)です。

わらびは山に行って採るもんだと思っていたのですが、昨日は家の裏の池のあぜで採りました。(@_@;)池の周辺にわさーーーーっと蕨があるんですよ。ときどき、ゼンマイも。池の周辺なので、カヤとかありまして思わず手を切りそうになるんですが、そこは収穫意欲の高さ。そろっと手を伸ばしてポキっと折ってしまいます。

わらびって、茎が長いので固くない部分でフキのようにポキっと折って収穫します。小さな産毛が生えていて、手は次第に黒くなってしまいます(^_^;)

片手では持てなくて、両手、次には服のすそをあげて袋にして母と二人で大収穫。(*^^)vやったりました~。

 

でも、このわらび。本当、小学生のころは山に入って薄暗いじめじめしたところで採ってきていたんですが、なぜ池の周辺まで?山菜が山を下りてるのか?それほど家の裏が山に近づいているのか?(笑)なんとも不思議です。(なんというか、砂漠化ならず山化?)

 

で、帰ってたまがすと!

軽く水で洗って、手首くらいの量で縛る。ボールにわらびをしきつめて、その上から重層を振ります。(昔は灰でやってたんですが)その上から熱湯をボールがいっぱいになるまで入れます。肩まで浸かってねって感じ(笑)

いわゆる、この熱湯を入れてたまがす(驚かすの方言)事から、あく抜きの作業がたまがすといわれているのではないかと思っています。

 

ま、うちの母に云わせると、たけのこもたまがすなんですけど・・・(笑)

たまがしたわらびは一晩そのままにつけておくと、やわらかくなりました。これを甘辛く煮る訳です。(→我が家の味)

 

この時期は、わらびやたけのこ、ぜんまいなど山菜のオンパレード!毎日、食卓に並びます。この時期だからこそ食べられる味なんですが、毎日続くと・・・ちょっと。

田舎は、採れる時期に食べる。次は豆が出来る時期ですな・・・(^_^;)

出雲大社で縁結び?パワースポットを目指して!

出雲大社と言えば、日本最古の神社建築の様式。国宝です。一度は見てみたいと思っていたのですが、ようやく念願かなって行くことができました。きっかけは友人のひとこと。連休パソコン修理以外何も予定がないという私に、「日帰りでどっか行こうか」と誘ってくれたので、ありがたいなあと思っておりましたら、メールがきまして「出雲大社に行きましょう」と。

えっ、出雲大社?そこは日帰りの距離なんでしょうか?私は中国方面にまで車で走っていったことがありません。途方もない距離のように感じました。が、彼女は行く気満マン。ああ、やはり日帰りの距離なんですね。(-_-;)さすがです。

と、昨日の朝6時頃に地元を出発しまして、瀬戸大橋を渡り、途中火事渋滞なんて恐ろしい事故で児島ー早島間が通行止め。止むなく高速を降りて迂回して、また早島から山陽道へ。岡山道、中国道、さらに米子道を抜けてようやく出雲へ。はや2時前でした(^_^;)と、遠いよな~。

 

無料駐車場(出雲大社から800m)に止めて歩きます。巨大な鳥居が近づいてきました。もう少し手前の駐車場に入れようと頑張る皆さんの車が右手で渋滞していました。私はもうしんどいから、ここらでいいです・・・。

 

ここが正面。大きな灯篭もあり、出雲大社と書かれた石碑あり。なぜかアベックばかりが写真撮影中で・・・(-_-;)

 

長く続く石畳。荘厳な感じがしてきました。ドキドキ。松林が見事で、その歴史を感じさせてくれます。

 

 

境内では神楽も行われていました。足を止めて見入っている方も多かったです。

こちらは御仮殿。今は神様はこちらにいらっしゃいます。後ろにあるのが本殿なのですが、本来拝殿であったこの建物に、大屋根を直す期間だけお引っ越しされるのだそうです。

 

しめ縄もすごい迫力です。さすがは日本最古(@_@;)すばらしい。

 

じゃじゃーん。今回のメイン。特別拝観の整理券です。本来ならば予約が必要なのですが、並んで整理券が手に入れば大屋根の葺き替えがまじかで見れるんです。

ただ、ここでアクシデント(-_-;)連れの服装がNGということで止められてしまいました。私はかなりの正装をしていたので、通過したんですが友人はジーパン柄のスパッツをはいており、ジーパンはだめと止められてしまいました。しかたなく、スパッツを脱いでカーディガンを腰から巻いてチュニックがワンピースかな?と思う感じで無事通過。やれやれでした。

 

いよいよ入ります。携帯電話の電源OFF。撮影もだめ。神様のお近くに行くのですから、絶対だめです。中には警備の人がいて、結構見張られている感じ?まあ、国宝ですから、何かに触ってもだめなんでしょう。屋根の葺き替えは下から2メートルくらいまでは始まっていて、来年の4月くらいには終わるそうです。なんとこの吹き替えに使われる檜皮は64万枚。全国から集められたそうです。屋根の下の方は4尺。それぞれ2尺5寸など、部分で長さが違っていきます。これが大変。1枚と1枚の間は5ミリくらいしかずれてないんです。ぜんぶ屋根中張り替えるんだから大変な枚数になるのもうなずけます。檜皮は竹の釘で止めていくんですよ。

 

拝観を終えると、いただけるのがこの品々。なんと、今まで使っていた大屋根の古い檜皮を加工したものをプレゼントしてくれるのです。ご利益がありそうです(*^^)v

 

拝観も終わり、お土産にお守りも買ったら、後はお腹を満たすだけ。出雲そばです。出雲大社の真ん前にある松の屋さんに入り、三食そばをいただきました。お腹がすいていたので、とにかくおいしかったです。3つとも間食。だって、ろくに食べてなかったんですから(笑)

ここからひたすら帰りは走る走る。

 

途中、湯の川温泉の近くの道の駅で、足湯につかりました。いやあ、癒されましたね。運転しっぱなしでしたから。

 

せっかくなので、宍道湖へもGO!なんせ、広くてびっくりでした(@_@;)これじゃあ、瀬戸内海の沿岸をドライブしてるのと変わらない。延々と続く海岸線のようでした。日本は広いです。

 

米子を後にするころには日はとっぷりと暮れて・・・寿城というお菓子屋さんです。昔はここらへんまでしか高速が来てなかったのに、すごく高速も充実しましたね。この後、米子道に上るところが山陰道に上がってしまって、Uターンするミスを(^_^;)そろそろ疲れてましたね。

瀬戸大橋を渡る頃には日付が変わっていました。でも、家についたのが2時前。どんだけ飛ばしてんねんって感じ(笑)

パワースポットである出雲大社に行ったのに、パワーを減少して戻った感じでしたが、何か力がつきましたかね?期待だけが残りました。

 

あ、出雲大社って縁結びの神様なんですってね(^_^;)まったく知りませんでした。パワースポットとばかり(笑)これでは縁もきませんねえ。