農業への挑戦!その2

週末が近づくと、天気が気になるようになってきました(笑)もちろん、農作業をするためです( ー`дー´)キリッ

DSC_0248今日は草刈です。池の土手から田んぼの周辺の草を機械を使って刈っていきます。私は、機械を使わせてもらえないので(危ないから)刈り取った草を集めて捨てるかかりです。

DSC_0250

金属製の熊手(くまで)を使って、細かく刈った草を集めていきます。草は割とほこほこして乗っているだけなので、集めるのには力はいりません。

DSC_0251土手沿いをひたすら刈る母。右手がちょうど池になります。池の土手の草は刈ったら池に捨てます。農業用水としても池の水は使われますが、いろいろな浄化を行ってくれているのだなと感心します(あ、昔からなので怒られないです)

DSC_0252ガ━━(;゚Д゚)━━ン!! 草刈機にからまるのは、これは釣り糸です。池の土手には、心ない釣り師(だいたい、子供が多い)が釣り糸を外してそのまま放置しているので、こうしたことが起きてしまいます。犬の散歩していると犬がひっかけて怪我をすることもあるそうなので、気をつけてほしいんですが・・・

DSC_0253草刈機には紐で刈るものと、鋸刃で刈るものがあります。紐で刈るものは、すごく草が細かく散ってしまうので農道に飛び散った草を竹ぼうきで掃除していきます。草はいずれ枯れてきますが、農道は皆が使う道路なので共有財産です。一人一人の意識が大事になってきます。トラクターの土が落ちたままと言うのも、道に凸凹をつくってしまい迷惑になります。地域ルールは大事にしたいです。

DSC_0254余談ですが、竹ぼうきは正式には寝かして掃きます。立てて掃いている人をみかけますが、それではあまり上手に掃けないんです。すぐにちびてしまうし(削れて短くなってしまうこと)。寝かすと地面に着く面が増えますので広い部分が一気に掃き飛ばせます。

草刈の後方支援が終わるとまた畑です。今度は、農協で買ってきた苗を植えていきます。

DSC_0259

畝の真ん中に溝を打ち、水をしっかりと入れて苗を入れて土をかけていきます。この時の土に水を入れておくのが大事。結構、乾いていたのでドボドボに水が入りました。

DSC_0260これはピーマンの苗です。育ってくると葉っぱの下にピーマンが着きます(ΦωΦ)フフフ…結構なサイズに育ち、背も高くなります。

DSC_0261ピーマンの横にはなすびを植えました。苗がちょっと弱弱しいので、袋かけをしていきます。苗の周囲に竹をさして支えにして、米袋を上と下を切ってかぶせていきます。苗は風に倒されることもあるので、袋をして守ります。

DSC_0262上から見るとこんな感じです。

DSC_0263この後、袋の足元は土をかぶせて飛ばない様に押さえます。肝心の袋が飛んでは意味がないですからね。

DSC_0269かぼちゃの苗は、ミニビニールハウス状態になりました。表面には小さな穴がたくさんあけているので、暑すぎることはないみたいです。

DSC_0271

畑が終わったので草刈の様子を見に行ってみたら・・・ほぼ完了していました。後は、また草を集めるだけですね。

DSC_0270

草刈の後は、必ず水路の掃除をします。小さくとんだ草が水路に集まって水が流れなくなってはまた皆さんに迷惑かかります。ひとつひとつの作業にも、地域のルールを守って安全に行うことが大事です。

こういう事が守れないと、いろいろ付き合いも問題になりますね。私や弟はいわばルーキーなので、年配の皆様や母の指導を仰ぎながら作業を行っていかなければいけません。

DSC_0272

帰り道には池の土手に蕨(わらび)が生えていました。山菜を集めにいきていたご夫婦もいらっしゃいましたが、土手の掃除をしているからわらびも取りやすい訳で、決して自然に生えている訳ではないんです。でも、わからないでしょうねえ(+_+)

また、草が伸びきらないうちに草刈しなきゃなー!次の休みの天気が気になります。

 

 

 

有機にんにく、元気に生育中です!

 

 

天気も良いので、丹原の農場へ行ってきました。今は、スティックブロッコリーも終了し、次の作物のために畑を休ませているところが多い圃場です。その中で有機にんにくは5月末くらいから収穫しますので、今一番元気に育っています。

20150422-1

青い空とにんにく畑の緑。にんにくの足元に草がだいぶ出ていたのですが、草引きの作業も終わり、綺麗にすっきりとして見えます(^^)いい感じですね。

20150422-2トラクターが出てました。土作りも始まっているのかもしれません。ケールは10月くらいから植え始めるので、春先の収穫が終わると、たい肥を入れなおしたり、鋤きこんだりと何度もトラクターが出動します!

20150422-3今年は昨年よりもにんにくのスペースを広げています。順調に育ってくれたら収量も増えるのですが、管理も難しく毎年勉強です。

20150422-5トラクターを収納しているコンテナ倉庫。ここには、休耕地を借り受けますと看板を出しています。耕作放棄地を借り受けて農地に転換し、有機圃場を確保していきます。

20150422-6収穫を終え、積み上げられたキャリーの山。ケールやにんにくの収穫時には、フル活動します。

20150422-7菊芋(きくいも)は、糖尿病の人にも良いと言われています。白い花が咲いていますが、これは雑草?(笑)この段階ではどこからどこまでがキクイモかわかりにくいですね。マルチと呼ばれる黒いシートの穴から、雑草が光を求めて伸びてきます。これらは手でひとつひとつ取り除いていきます。草ばかりが育つと、肝心の菊芋が成長しないですからね。

20150422-8みんなで並んで草引きを行います。有機農法では草を枯らすような薬剤は一切使用しません。人力で農場をメンテナンスしています。大変だー((+_+))

5月の末から6月にかけては、にんにくの玉の収穫は始まります。来週くらいからは、にんにくの芽も取れますね。やわらかくておいしいと評判です。首都圏の大手スーパーさんなどに出荷しています。「遠赤有機農園」産のにんにくの芽も、探してみてください。

 

 

 

 

 

農業への挑戦!その1

私は農家の生まれなんですが、昨年まではそれほど自分ちの農業は手伝っていませんでした。今年から、ちょっとやる気になりまして、くわを使って作業しています。

DSC_0172

三つ鍬で全部鋤いてもいいんですけど、ここは文明の利器トラクターでやると一気に土もほぐれます。トラクターは小さい畑は運転しにくいので、鍬で耕して土を柔らかくします。

DSC_0179最初は畝だてから。(うねを立てる→野菜を育てるために、少し土を高く盛る。排水の為に溝を切るとも言う。)平鍬(平たいくわ)を使います。

DSC_0178もみ殻やぼかしを撒いて、土の栄養も育てます。平鍬で溝を切っていく感じで畝を立てます。少し斜めになってしまいましたが、まあ初めてだからこんなもんでしょ(笑)

農業は根を詰めてはいけません(*_*;

DSC_0182

ようし、畝立て完了!幅は、大体です(^_-)-☆

DSC_0180

ねぎを引いて、植え返します。ねぎの先にはボンボン(花)が出来てて、ネギとしては使えなくなったので、次に育てるために元手にします。長い葉っぱの部分を鎌で豪快にカット!!!

DSC_0181

肥料入れに重ねられていくネギ。軸だけになっていきますね。

DSC_0183

ちゃんと根っこはつけたままです。このまま放置しておいても、すぐには枯れないんですよ。ネギって丈夫なもんですね。

DSC_0184

何本か集めて、次のネギを育てるために植え替え完了。これをまた土台に伸びてきます。大体ここまでやったくらいに雨がポツリポツリと降ってきました。とりあえず今日の目標は達成できたので、やれやれです。

農業は根をつめてはいけません(BY 母の教え)

DSC_0185

今日の報酬~( ;∀;) やや赤くなっているところに、鍬で出来たマメが!(゚д゚)!頑張ったと言えば聞こえがいいですが、バットを振っても出来ないマメが、鍬が手の中で揺れるだけでマメになるとは。恐るべし、農業。侮りがたし。

ま、休みの日だけ農業の手伝いを始めています。両親も高齢になりましたし、少し「しんどい」が増えたので弟と二人で手伝い始めてます。小さいころから見ていたから少しは意味がわかりますが、はてさてどんな野菜が育つやら。

改めて考えると弊社の農場は本当に土がきれい。よく管理されています。草も引いているし、土を触ってもさらさらです。営農は一日にして成らず!今までの積み重ねが出てきますね。今年は私が手伝ったから、うまく育たなかったと言われない様に頑張ります!(^^)/

さくら功労者の表彰を受けました

日本さくらの会主催の第50回さくら祭り中央大会が憲政記念館で開催され、参加してまいりました。

日本さくらの会は、1964年、超党派の国会議員の資金で作られた財団で、当時国土開発で被害を受けていた「さくら」の保護、植栽の為に設立されました。さくら功労者は、さくらの植栽、愛護、研究などさくらの振興事業に顕著な功績があった団体・個人を表彰するもので、世界のどのような気候でも花を咲かせる“陽光桜” を世界中に植樹を行っている功績を称え、この度功労者の一人として弊社社長、高岡照海が選ばれました。

前夜懇親会-3

前夜、岡山県・愛媛県からの受賞者の皆様と関係各位、さくら議員連盟の皆様と懇親会で盛り上がりました。

前夜懇親会-6

昨年、宮城県での植樹でお世話になった歌手のこおり健太様(後列左から3番目)もかけつけていただき再会を喜び、にぎやかな会になりました。

植樹-3記念植樹が行われました。さくらの女王も着物で参加

植樹-4高岡も植樹に参加させていただきました。

植樹-5こおり健太様、逢沢一郎議員と記念に

植樹-6各地のさくらの女王たちとも一緒に。華やかです。

中央会-3さくら祭り中央大会には、秋篠宮ご夫妻にもご臨席賜りました。

中央会-4秋篠宮殿下のお言葉。感動しました。

中央会-7秋篠宮妃、紀子さまもご一緒に

中央会-8表彰式でのご紹介

中央会-11さくら功労者を受賞された皆様と

今回、このような賞をいただき、本当に感謝申し上げます。戦後70年目になる今年11月にはミャンマー農民発展党とミャンマーの仏教会が行う「平和の式典」にて、 “陽光桜”が、ヤンゴンに植樹されます。 引き続き、平和の桜”陽光桜”を世界に届けていきたいと思います。

春の大感謝祭、好評プレゼント中!

4月1日から始まりました「春の大感謝祭」もうご注文はお済ですか?

今回もプレゼント品をご用意してお待ちしています♪

第一位の人気を誇るA-1「果汁100%ストレートジュース」

jyu-2

このところ寒さが戻ってきていますが、4月の頭はもっと暖かでしたからね。これからはジュースがおいしい季節です。が、人気集中すぎてそろそろ在庫が足りなくなってきたという声も・・・出来ればお早目に!((+_+))←※手作りジュースなので数に制限がございません。本当に足りなくなったら、お選びいただけません。

第二位の人気はなんと、発芽玄米♪「遠赤有機活性発芽米45g×5袋」遠赤青汁のスタンダードと言えば、遠赤青汁V1ですが、いやいや有機発芽玄米も創業以来お届けしている超ロングセラー商品です。3合の洗ったお米に1袋(45g)を投入するだけ。玄米は食物繊維やギャバも豊富です。玄米ご飯だけにすると、ちょっとにおいや味にもご満足いただけませんが、ちょっと加えるだけで栄養抜群!この機会にお試しいかがでしょうか(^^)/genmai5 第三位は、やはりこの時期「稲若葉そうめん(つゆ付)」が入ってきます。麵が太いのが特徴の徳島の半田そうめんに稲若葉を練りこんだ健康そうめんです。緑色が鮮やかです。ひやむぎくらいは太い麵なので食べ応えも十分♪つゆは、地元鰹節メーカーが作る逸品です。私も昔からこのつゆを使っています。出しがいいんですよね~(^^)おすすめです。soumen-zaru春の大感謝祭は、まだまだ4月25日まで開催予定です。ただし、人気のプレゼント品は予定数量を越えましたら、受付を終了させていただきます。(ほかのプレゼントをお選びください。)ジュースの人気はヤバイです(;^ω^)お気をつけください。

皆様のご参加お待ちしています♪