高知龍馬マラソンにチャレンジしてきました(-_-;)

遠赤青汁にマラソンブーム到来か?先日の愛媛マラソンから2週間。なんと!ついに!私もフルマラソンに挑戦してまいりましたヽ( ´¬`)ノ ワ~イ

第一回高知龍馬マラソン 42.195km

22日に東京から戻り、23日の午後には高知行きの高速バスで出発!あっちこっち走り回っとります(笑)

高知についたら、すぐにはりまや橋近くの公園で、大会出場の受付を済ませます。ゼッケンとか、シューズにつけるチップを預かります。受付には、大勢の方がいらしており、いよいよですねと言う雰囲気になってました。

近くの喫茶店でもらった袋の中を点検。おーーーっナンバーだーーー(*^_^*)なんとなーく、いい番号な感じがしました。となりの「F」はグループです。出走する際に、AからFまでグループをわけて並んでいくのです。フルマラソン初挑戦の私は、目標時間が制限時間の6時間以内なので、最後尾のグループ「F」となりました(*^^)vゆっくりいきませふ!

ホテルで~、当日の準備中。靴はいて、靴下OK、ウェアOK、ゼッケンもつけたし、帽子も、時計もあるし・・・(#^.^#)とにかく、これで参加できるはず!忘れ物なし。ひと安心です。

※左靴のひものところについているのが今回の計測チップです。チップをつけているので、計測盤の上を通過すると記録されて、ゼッケン番号で今どこを走っているのかが分かる仕組みです。今頃は応援もスマホで確認しながら追いかけられるんです。便利ですよね。

ここが・・・鬼門なんです(-_-)関門と呼ばれる関所みたいなものがマラソンには用意されています。時間までにここを通過しないと、走りたくても走らせてくれません。そこでストップ。フルマラソンは、公道を封鎖して開催されているので、いつまでも止めていられません。この関門さえ通過したら、最後まで走りきれるのですが・・・頑張ろう(*^_^*)

翌朝9時スタートで、8時には荷物を預けにいかないといけないということで、10時には就寝。しかーし、そうそう寝つけるものではありません。夜中に目が覚めて、ふとテレビをつけたらまっさんが・・・某国営放送の「生さだ」が生放送されているじゃないですか。さだまさしファンの私としては、「さださんも応援してくれている!」そんな勝手に良い気分になりまして、そのまま爆睡・・・(*^_^*)ありがとう、さださん。。。。。

戦いの朝は来りて!高知って、川が多いんですね~♪橋を渡って、歩いて電停まで。高知県も愛媛県と似ていて、ちんちん電車的な市内電車が走っています。電車に乗り込むと、もう中はジャージーな人たちでいっぱい。みんな、走るのね(-_-;)

「グランド前」停留所に降り立ったら、なんとまだこれからスタートゲートを建てるところでした。公道の上に通すので、封鎖してからじゃないと工事出来なかったようです。あらま~

番号が書かれた袋に荷物を入れて預けます。このトラックは、ゴールの春野県営運動場まで運んでくれます。ゴールして、受け取れるのかな?(#^.^#)ちなみに、途中関門にひっかかってもバスで春野までは送り届けてくれますので、荷物は受け取れます。

いよいよ集合だ!みんな、走れそうなんですよねー((´д`)) ブルブル…朝が早くて日が当らず、陰のところにいたら寒かったです。

ど緊張な私。ちなみに着ているのは、愛媛FC(J2所属、愛媛県のプロサッカーチーム)のユニフォームTシャツです。伊予魂で走るんじゃー!などと。※伊予魂は愛媛FCの応援チャントです。

と、ドキドキしてるうちに号砲一発!前の列が動き出しました!実際スタートの時って全然わかりませんでした。3500人くらいいたので、スタート地点を通過したのはもう3分くらい経ってからでした。

http://www.youtube.com/watch?v=3GQVfWV78gs&feature=share (youtube参照)

4分33秒あたりに私が通過していきます。上の写真←すでにあごが上がってないか?

いろんな事がありました。42.195km。思い返したくもない・・・でも、走りきりました。’`ァ’`ァ’`ァ(;´Д`)’`ァ’`ァ’`ァ

つかんだ記録は5時間57分54秒。(6時間が制限時間)とにかく、やりきりましたー(*^_^*)

さすがに6時間近くも走ったり歩いたりしていると足は棒のようになりまして、階段がつらい日々を送っています(-_-;)でも、走りきった実感がなくて・・・夢の出来ごとのようですね。うーん、残念。

最後にひとこと、これだけは伝えたい!ランナーに「頑張れ」って言っちゃだめ。もう最後はどんなに言われても頑張れない!ヘロヘロです~ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ ま、私だけかもしれないですけどね。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください