ケールはぐんぐん育っています。

丹原の農場に来て見ました。前回からちょっと長く来ていなかったので、ずいぶんと大きくなっていました。

今日も鷲太郎が、ケール畑の安全を見守っていました。モンシロチョウは相変わらず飛んでますが、ケールの虫食いは寒さと共に減っていました。

食べられて穴が開いた葉の上に、ぐんぐん大きな葉が伸びています。

これなどは、食われたところも少しだけ。もう葉の固さが変わってきているのがわかります。

根元に近い葉は、やはり食べられた跡がありますが、上の葉はまったくそういう感じすらありません。伸びたばかりの柔らかいうちに青虫が食べてしまうのです。

葉脈もしっかりしてきて、背も随分と高くなっています。もっと太くなって、大きな葉を支えていきます。

 

今日で植え付けてから1か月半くらいです。随分とケールらしく立派に葉を繁らせてくれていました。これからは、ますます寒くなるので、青虫の被害も無くなります。じっくりゆっくりと葉を成長させていくので、葉の厚みも増してきます。

また、見に来て見ますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください