種づくりのために、土をふるいにかけます。

寝かしていた土を取り出し、いよいよ種づくりのための準備がおこなわれています。

トラックの荷台に棒を渡しかけて、大きなふるいで土を濾していきます。網目は小さいので、大きな石などを取り除くためにふるいにかけていきます。

どんどんスコップで土を入れていきます。ふるいにかけられた土はトラックの荷台に落ちていき、後で運びやすくしています。

日よけはかけているものの、作業中は土も舞って、汗で服に土が張り付いていきます。

石と一緒に大きな土の塊やごみも除くことが出来ます。

だいぶ、慣れてきて入れる土の量も増えてきました。下に落ちている土のきれいなこと。さらっさらです。

暑いのですぐに表面が乾いてきます。この土を使って、種を入れるパレットを作ります。まだまだふるいにかけないといけない土は山になっています。暑い中ですが、がんばってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください